1949年式 WV type-1 ビートル インナーハンドル

1949年式 VW TYPE-1 ビートル 〜インナーハンドル〜

今回はインナーハンドルの生地を張り替えていきます!!

ボロボロなだけあって、元の素材を傷つけないように剥がす所から大変な作業になるようです…💦

 

\ 前回の「1949年式 VW type-1 ビートル」の記事はこちら! /

まずはボロボロの生地を剥がす所から…

インナーハンドルの生地を剥がします。
(写真は剥がした後のハンドル)

ベースのゴムをこれ以上ボロボロにしないように、時間をかけて丁寧に生地を剥がしていきます。(現状維持大事‼️)

生地を剥がすだけでも、かなり根気のいる作業です…。

ウレタンの貼り付け

次にウレタン(スポンジ)を貼り付けます。

生地をインナーハンドルの形に成形します

生地がインナーハンドルの形にっ(*゚0゚*)‼️
それぞれの部品に合わせて生地を成形するのもすごいですよね✨

新しい生地を張り付けます

ウレタンの上から新しい生地を張り付けていきます。

他の部品を取り付けて完成!!

その他の部品を取り付けたら完成です!!

まるで新品の様ですね♪
きっとインナーハンドルも喜んでるはずです(*´∇`*)

以前レストアした「VW type-1 ビートル」の記事はこちらから!

【車両カルテ】ビートル VW type1

VISIONでは完全オーダーメイドで自動車内装(レストア)を承っております。

オーナー様の好みに合わせて好きなデザイン、カラー、素材を選び、理想の車にもっと近づくために、希望が叶うように、提案させていただきます!