保険

【カーコラム】愛車がもし水没したら…復活は可能なのか!?保険はどうする?

昨今、ゲリラ豪雨や集中豪雨などで低い土地などは冠水してしまう場合がありますよね。もし、愛車が水没してしまった時、どのように対処したらいいのでしょうか?

浸水しても復活する可能性や、万が一の時のことを考えた保険があることをお伝えしようと思います。

車が水没してしまったら…

水没

急に大雨になってしまったり、洪水で水位が上がってしまったりした時、外に車を停めていると気が付かないうちにタイヤが水に浸かってしまうことがあります。

水に浸かってしまったのがタイヤだけであれば、心配はほとんどありません。エンジンや電気系が水に浸かっていなかったら、まず故障することはないと言ってもいいでしょう。水が引いたら普段通りに走行することが可能です。

しかし、マフラーが水に浸かってしまったらどうでしょう?マフラーの中に水が入ってしまうとエンジン排気が正常に出来るでしょうか。無難なのは、マフラーまで浸水してしまったら走行しないことです。

マフラーに浸水した状態で走行してしまうと、故障の原因になることでしょう。すぐにエンジンを切り、マフラーより深く浸水しなければ修理できる可能性が十分にあると言えます。

水没

電気系統も機能しなくなってしまうと考えられるのは、ドアよりも深く水に浸かってしまった時。ここまで浸水するとエンジンがかからなくなってしまうでしょう。

車内までに水が入ってきてしまうと、泥まみれになってしまう可能性も…。こうなってしまうと、水没車扱いになり、復活させるのには難しいかも知れません。

保険はあるのか?

クラシックカーやスーパーカーは価値が高く人気もあるのですが、製造年式が古いと普通の保険に入ることが出来ない場合があります。

大事な愛車のクラシックカーが水没してしまったらどうでしょう…!私なら立ち直れないかも知れません…。

工具

電気系統が水に浸かるとエンジンの修理ならともかく、エンジンの総取り替えになることも考えられます。さらに内装も泥によって本革がダメになってしまうでしょう。

そんな大事なお車のために、「クラシックカー保険」というものがあります。保険に加入するためにはいくつか条件がありますが、知らないと知っているとでは天地の差ではないでしょうか。

VISIONは、「クラシックカー保険」の取次店になっています。詳しくはスタッフにお尋ねください。大事なお車のために、必要な情報かも知れませんので記事も読んでみてくださいね。

「クラシックカー保険」についてはこちらの記事を!

 

オーナー様の好みに沿って、好きなデザイン、カラー、素材による完全オーダーメイドで自動車内装を承っております。

理想にもっと近づくために、希望が叶うように、提案させていただきます