自動車商

【カーコラム】「自動車商」許可取得!中古自動車を取り扱う、自動車商の注意点とは!

VISIONはクラシックカーやスーパーカーなど、中古車の売買を扱う事のできる「自動車商」を取得しています。

古物商許可は13品目の中から中古売買を行う品目を選択して申請・取得します。「自動車商」はこの古物商許可の品目の一つ。主に中古自動車及び中古の自動車部品を扱うことを目的としています。

自動車商は他の古物商許可よりも厳しく警察署から申請者の状況等の確認がされることの多い品目なのだそうです。なぜ、自動車商は厳しく確認がされるのか、調べてみました。

自動車商は犯罪が多発する品目?

自動車商

 

自動車は中古とはいえ価値が高く、他の古物許可の品目より売買の価格が高いことが考えられます。万が一にでも盗品を高く買い取ってしまうと、自動車窃盗犯に利益を与えてしまうことになりかねません。

古物商許可証を発行するにあたり、十分な注意を払って売買が出来る能力のある人物なのかどうか、確認したり質問したりが厳しいそうなのです。

許可証申請・発行の際に質問されやすいのは、

  • 盗品等の怪しい中古車を見極められるほどの知識や判断力があるか。
  • 中古自動車の売買経験があるか。
  • 自動車業界にいた経験があるか。
  • 買い取った自動車を保管する場所があるか。

などのような確認が必要になってくるそうです。

自動車の車体番号がどこにあるのか、故意に消されたものではないか判断できるような人物でないと自動車窃盗を誘発しかねないと思られるからです。

盗難車が出回る可能性があり得るという問題とは別に、中古自動車を買い取った後の保管場所についても質問・確認がなされます。

地域にもよりますが、駐車場の契約がなされているか、中古車を停めておくスペースがあるのかを図面などを添付することで自動車商の申請が可能な場合もあるようです。

地域の基準に差があるものの、警察署からの確認はなかなか厳しいようですね…。

VISIONが出来ること

自動車商

VISIONでは自動車に関するほとんどのことにお手伝いできます。

自動車商を取得したことにより、「こんな車が欲しいんだけど…」という希望にも対応できそうですよね!

自動車内装がVISIONオーナーの専門ではありますが、気軽にご相談いただけましたら、ベストな方法を探します。

VISIONでは豊富な経験と実績から、その車両に合った施工や提案をさせて頂くことが可能です。

自動車内装についてはこちら!

 

オーナー様の好みに沿って、好きなデザイン、カラー、素材による完全オーダーメイドで自動車内装を承っております。

理想にもっと近づくために、希望が叶うように、提案させていただきます