車内

【カーコラム】車内の抗菌、ちゃんと対策してる?抗菌・除菌対策のポイントは!

新型コロナウィルスが蔓延している中、せっかくの車移動も清潔な車内でなければいけませんよね。今回は車内の抗菌・除菌で知っておくべきポイントについてお伝えしようと思います。

車の抗菌・除菌対策はどうする?

除菌

冬の季節になると、インフルエンザウィルスや風邪の菌などに普段よりも注意を払う必要があります。今年は特に新型コロナウィルスの猛威によって、抗菌・除菌に対する意識の高さが求められるようになりました。

車に関しては乗るとどうしても「3密」になってしまうため、抗菌・除菌には神経質になるくらいがちょうどいいのかも知れませんね…。

車の運転では、ハンドルやシフトドア、ドアノブなどの一定の場所に何度も触れることから、これらの箇所を定期的に抗菌・除菌することが大切です。

しかし、抗菌・除菌という言葉をよく耳にすると思いますが、除菌の意味は何となく分かるとしても抗菌は何を指すことなのか、イマイチ説明できないという方のいるかも知れないですね。

菌を殺したり減らしたりできることを殺菌といいます。除菌も殺菌と同じように菌を減らすことが出来ます。殺菌と除菌は近いニュアンスではありますが、その製品が医療部外品であるかどうかで異なります。カー用品も含め、洗剤や漂白剤では除菌と表記されます。

菌を取り除く除菌に対し、抗菌はこれ以上菌が繁殖するのを防止するために使用します。除菌と抗菌は基本的にセットになっている場合が多いですね。除菌を行わず、抗菌だけをしてもすでにある菌を減らさなくては意味がありません。

車両のシートなどにおいても、抗菌技術が用いられています。

抗菌・除菌対策として出来ること

除菌

車両の抗菌・除菌が大事であることを紹介してきましたが、実際に行う上でのポイントは以下の通りです。

よく触れるところにはアルコール除菌

確実に抑えておくポイントはハンドルやシフトなど乗車時に必ず触れる部分の除菌。徹底するのであれば、アルコール除菌をするのがオススメです。

菌が繁殖しやすいところはニオイも気になります。嫌なニオイが染み込むところは布製の部分。シートベルトも見落としやすいですね。アルコールは揮発しますので、サッと拭くだけでも効果があります。

エアコンの吹き出し口も忘れがち

カーエアコンの吹き出し口にも菌や嫌なニオイがこもりがちです。カーエアコンにはクリーンフィルターと呼ばれる外気の汚れを取り除くフィルターが備え付けられています。

クリーンフィルターを掃除したり、交換することも抗菌・除菌には大切な項目でしょう。

専門家への依頼も選択肢に!

車内の抗菌・抗菌はドライバー自身が意識して行うことが可能ですが、掃除が難しいところもありますよね。ルーフ(天井)など、素人が徹底して掃除をするのが難しいところは思い切って専門家へ依頼するのも一つの方法です。

専門家による抗菌・除菌ではシートやハンドルなどの汚れやすい部分からルーフやシートベルトなどの細部までしっかりと抗菌・除菌が行われます。しかも一定期間に渡って抗菌効果が持続する場合もあります。

VISIONで抗菌・除菌を行う場合は、アルコールやナチュラルなものを使用しています。

ウィルス以外でも抗菌・除菌は必要ですよね。どうしても車内のニオイが気になってしまう場合には、菌が繁殖している可能性がありますので、徹底的な抗菌・除菌を試ししてみてくださいね。

ルームクリーニングについてはこちらの記事もオススメです!

 

オーナー様の好みに沿って、好きなデザイン、カラー、素材による完全オーダーメイドで自動車内装を承っております。

理想にもっと近づくために、希望が叶うように、提案させていただきます