カマロ

1976年式 シボレー カマロ エアコン取り付け

暑い夏が続いていますが、今回はエアコンを取り付けるというご依頼です。

ノーマルエアコンの効きが悪いということで修理のご依頼なのですが、カマロに取り付けられるエアコンキットを海外から取り寄せて、取り付け作業をします。

エアコンの取り付けは、タイヤのインナーフェンダーを取り外し中から作業をします。画像は外から見たところ。タイヤも内側のフェンダーも外します。

カマロ

エアコンのユニットを車内に配置するために、ダッシュボードを外します。中の電気配線も丸見え!

メーターパネルも取り外します。

カマロ

スッカラカンにします。元に戻せるところがすごい!ダッシュボードの中は配線だらけなんですね。

カマロ

ちょっと良くわからない状態まで取り外すんですね…。カーペットもめくれあがっていますが、ここもキレイにするんですね。

エアコンの取り付けのためにパーツをバラバラにするのですが、電気系のトラブルを発見!

メーターの脱着を繰り返していた車両だったために、メーターパネル裏のプリント配線の断線を見つけてしまった様子…。

カマロ

テスターで電気が通るかどうかを確認しながら、断線している箇所を探します。

これが何か所もあったそうで…ハンダで断線を直します。

VISIONでは今回のように、修理中に見つかった不具合も修理いたします。

カマロ

メーターパネルの裏が金属なので、ショートしない様に保護しながら修理します。

カマロ専門のエアコンのスイッチに交換。「ヴィンテージエアー」のロゴもレトロな感じで、車両の雰囲気を壊しません。

カマロ

エアコンを取り付けたところ。エアコンキットに取扱説明書が入っているのですが、これがなかなか…販売国によってちょっとした変更があってマニュアル通りにはならないそう。

でも、ちゃんと動く様に修理・取り付けして納車致します。

カマロ

エアコンの取り付けが終わって、納品前の運転席。キレイに戻りましたね!

エアコンの効きもバッチリ!暑い夏を乗り越えてくれるはずです!

 

オーナー様の好みに沿って、好きなデザイン、カラー、素材による完全オーダーメイドで自動車内装を承っております。

理想にもっと近づくために、希望が叶うように、提案させていただきます。