インパラ

1964年式 シボレー インパラ ~車両の由来~

かつてオーナーがカスタムし所有していた「異色のインパラ」。日本で作られたインパラのイメージとはかけ離れているところが異色だといわれ、大人の雰囲気を醸し出しています。

そしてオーナ好みのネイビーがアクセントとして効いています。よく見るとネイビーの部分にはラップペイントという手法が施されています。細かいところのこだわりを見つけると、思わずニヤリとしてしまう演出が。そして、絶妙なバランスのクラシカルなピンストライプ。このカラーリングが抜群に渋いと!

インパラ

「大人が乗っておかしくないインパラというのを作ってみたかったので」とオーナー。実際にこのインパラに乗って家族を迎えに行くあたりが完全にカッコイイ!

インパラ

インテリアは純正に使用されていたボタンを使ってビスケットパターンに。白を基調にここにも濃紺や柄でアクセントを。金属のシルバーが映えますし、上品さが際立ちます。

インパラ

さて、この車両にはプロフィールがありまして。実はローライダーなら知らない人がいないという、アメリカの名門カークラブ「LIFE STYLE」がカスタムを手掛けていた車両だったのです!良く見るとプラークに「LIFE STYLE」の文字が…。

車両がグリーンなのは炭酸飲料の「Sprite(スプライト)」の広告に実際に使わていたことから。オーナーはこの事実も後から知ることになります。たまたまオークションで落札した車両にすごい由来があったのですね!

インパラ

手元に来た時のインパラはこんなにボロボロ、ハゲハゲ…。結構ひどい状態だと思いませんか?

オーナーの手によってエレガントなインパラへと変貌を遂げていく様子をカルテにまとめていきたいと思います。

 

オーナー様の好みに沿って、好きなデザイン、カラー、素材による完全オーダーメイドで自動車内装を承っております。

理想にもっと近づくために、希望が叶うように、提案させていただきます。